医療について考える

広告

 

 

看護師さんの告白 (3)

 

最終回は、ナースのプライベートについてお伝えします。

 

中野さんはどのように語るのか?
ナースは堅実でお金を持っている、というイメージがありますが、
あなたはどう思いますか?

 

 

ナースのお財布事情

 

「はっきりいって、ナースのお給料は“良い”です。
私の場合、看護学校卒で就職して、1年目で普通に
手取りは21~22万円はありました。ボーナスを入れて、
年収400万円弱です。今、私は30代前半、周りの
同い年のナースの平均年収を聞いてみると、
大体550万円くらいでしょうか。彼女たちは、
夜勤があったり、都内の病院に勤めているから、
全国平均に比べるとやや上だと思います」

 

そうした状況では、転職や結婚へ二の足を踏む
ことになることは想像に固くありません。

 

実際、中野さんはこう告白しています。

 

「私だって転職も退職も考えたことはあります。
夢は結婚退職。なんて思っていた時期もありました。
でも、それを阻むひとつの壁がこの“収入”」

 

友人とも話していて「やはり、生活レベル落と
せないよね・・・・・・」

 

 

ただそうした現状に満足している一方で、複雑な
女心を吐露しています。

 

「私たちは、20代のうちは同世代に比べても給料が
いいかもしれませんが、普通の会社に勤める男性の方が、
年齢を経たときの収入は上になります。私も30歳を超えてから、
逆転されはじめています。そう思うと“やっぱり結婚したいな~”
なんて考えちゃったりするんですけどね。
現金なものです(笑)」

 

 

ナースはいろいろな患者に接しなければならないし、
患者の家族や医師とのコミュニケーションでストレスを
溜めているはずです。

 

ストレス解消のために何をしているのか興味がありますね。

 

また、私たちもストレスを強いられる毎日を過ごしています
ので、参考になるかもしれません。

 

 

ナースのストレス解消法

 

1 旅行

 

「旅行が趣味というナース、多いです。かくいう私もその
ひとり。お給料を貯めては、年に数回は海外に行くのが
楽しみ&ストレス解消。おかげでお金が貯まりません・・・・‥」

 

ナースだけではなく、OLも旅行が好きですね!

 

 

2 エステ

 

「例えば全身脱毛や痩身をした場合って、とんでもない金額が
かかるんです。それこそウン十万~100万円くらいの。

 

でも、そこそこ稼いでいるナースたち、ついついはまって
しまうんですね。普段人のお世話をしている側だから、
“お世話される側”っていうのがストレス解消になるのかも
しれません」

 

この点も普通のOLと感覚的に近いですね。

 

 

3 買い物

 

「働く女の王道パターンです。ボーナスとかでがっつり
お金が入ると、“自分へのご褒美”でブランド品を買いたく
なってしまうのが女心。ヴィトン、エルメス、シャネル・・・・・。

 

派手なアクセサリーは普段付けられないから、バッグを買う
人が多いかな」

 

この点でもOLと同様ですが、1つ違いがあります。

 

それは、ナースは平日に休むことが可能なため、混雑した
土日休日を避けて、じっくり店を見て回ることができるのです。

 

 

4 オトコ

 

「女として生まれた以上、恋愛は常にしていたいものです。
時々、ストレスを男遊びで発散しているんだろうな~って
いう人を見かけます。(中略)女子力が高いタイプっていうん
ですか? 合コンとか飲み会になると、フットワーク軽く
参加してる人。そういうタイプは、医者をゲットする率も
高いのです(笑)」

 

この点もOLと変わりませんね。

 

自分から積極的に男性をアタックする女性は同性からは
嫌がられますが、異性から見てその女性がタイプであれば
嬉しいですからね。

 

 

ナースもあなたに身近にいるOLも感覚的には同様なんですね。

 

ただ、ナース服は「戦闘服」だとも書いていますので、ナースは
サバサバした人が多いらしいです。

 

 

この他にも興味深い話がたくさんありますが、もっと知りたい方は
本書をお求めください。
きっと一気に読めてしまいますよ!

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

著者以外の現役の看護師さんからのコメントがあれば嬉しい
ですが。

 

 

 

 

広告