医療について考える

広告

 

 

がんは完治するのだろうか?(1)

 

がん治療の常識・非常識―患者にとっての
最良の選択とは? (ブルーバックス) 田中 秀一

を読んで、主要ながん治療成績は数十年前と
ほとんど変わっていないことに愕然としました。

 

 

 

本著者の田中秀一氏は、読売新聞社の記者で、
新聞協会賞を受賞しています。

 

 

丹念な取材でがん治療の最近の状況を1冊に
まとめました。

 

 

この本を読むまで、がん治療は相当進歩して
いるはずだ、という先入観を持っていました。

 

 

しかし、あっけなくその気持ちは吹き飛ばされ
ました。

 

 

がん治療には大別して3つの方法があります。

 

「手術」「放射線療法」「抗がん剤治療」
です。

 

 

がんが悪性の病気である理由は、「浸潤」と「転移」が
あるからです。

 

「浸潤」というのは、「周囲の臓器や組織に入り込ん
でいくこと」(P.25)です。

 

 

「転移」はご存知のとおりです。

 

「血液やリンパの流れに乗り、離れた臓器に
飛び移って増殖を続けること」(PP25-26)
です。全身に転移すれば、手術もできず、手の施しよう
がないということになります。

 

 

私が最初に驚いたのは、肺がんと子宮頸がんの治療成績は
実際にはいっこうに良くなっていない、という指摘でした。

 

本著から引用します。

 

信じられないかもしれないが、肺がんを治す、という点に
関して、40年間ほとんど進歩がみられないのである。

 

肺がん検診の普及で早期発見が可能になり、肺がんは
よく治るようになった、とも言われているが、データを
見る限り、肺がんの治療成績は実際にはいっこうに良く
なっていない。

 

子宮頸がんの5年生存率も、1960年代以降、
改善がみられない。特に病状が進んだ3期、4期の
がんの生存率は、依然として低い状態が続いている。

 

(PP.15-16)

 

 

さらに、がんの治療が難しい理由を指摘しています。

 

がんの治療が難しい理由の第一は、がん細胞が自分自身
の細胞に由来するものであることだ。細胞やウイルス
など外部から侵入してきた病原体によって引き起こされる
感染症であれば、抗生物質や抗ウイルス剤を使って病原体
だけを攻撃、排除することができる。ところが、がん細胞
は、自らの細胞に近い性質を持っていることから、抗生
物質で病原体をやっつけるようなわけにはいかない。

 

(P.27)

 

がん治療が困難である第二の理由は、がんが持つ「転移」
という性質である。がんは無限に増殖する性質を持って
いるから、治すには根こそぎにする必要がある。そのため
に最も手っ取り早い方法は、がんを手術で臓器毎取り除く
ことだ。放射線治療も、かなりの効果があることがわかっ
てきた。(PP.27-28)

 

 

がん治療には、主に「手術」「放射線療法」「抗がん剤治療」が
あると言いました。

 

しかし、残念ながらどの方法も延命させることはできても、
「完治」させることは現在のところできません。

 

 

今月19日に、「NHKクローズアップ現代」で興味深い
話題が取り上げられました。

 

 

がん細胞自身が増殖するのではなく、「がん幹(かん)細胞」
というものの存在が確認され、これががん細胞を増殖させる
がんの「親分」らしい、という報告でした。

 

 

大阪大学大学院の森 正樹教授の研究グループが、発見した
そうです。まだ、研究段階なので、今後臨床データを蓄積し、
今後のがん治療に役立てたいといった内容でした。

 

 

「がん幹(かん)細胞」は普段は活動していないため、発見する
のが難しいらしいですが、「がん幹(かん)細胞」だけを集中
して攻撃することができれば、がんの増殖を抑えられるだけで
なく、がんそのものを治療することも可能かもしれません。

 

 

今後の研究が期待されます。

 

 

 

広告