医療について考える

広告

 

 

がんは完治するのだろうか?(3)

 

がん治療の常識・非常識―患者にとっての
最良の選択とは? (ブルーバックス) 田中 秀一

を読んで、主要ながん治療成績は数十年前と
ほとんど変わっていないことに愕然としました。

 

 

 

前回は、「放射線治療」についてお伝えしました。

 

今回は、がんは完治するのか、という核心部分について
お伝えしていきます。

 

 

結論からお話しますと、現時点では、がんを完治することは
できないのです。数ヶ月の延命は可能になってきています。
しかし、完治することはできないのです。

 

 

そう言うが、「治っている人がいるではないか」と反論が
出そうですね。

 

実は、なんの治療もしないで、放っておいても治るがんが
あるということです。

 

 

そして、もう一度言います。数ヶ月延命したことは、完治とは
違うということです。

 

 

手術や放射線で治療しても、がんの半数は治すことができない。
抗がん剤で治すことができるがんは白血病など一部に限られ、
肺がん、胃がんなどほとんどの固形がんは、抗がん剤では
治らない。これらの「三大療法」に限界があることから、他の
治療法に期待が高まっている。その代表が免疫療法だ。

 

(P.146) 

 

期待が高まっている免疫療法ですが、残念ながら成果を
あげていません。

 

 

どこに問題があるのでしょうか?

 

第一は、がん細胞の表面にある抗原を、がん自らがベール
で覆い隠してしまうことだ。こうなると、免疫細胞はがんを
異物と認識することができず、攻撃できない。

 

次は、がん細胞が、リンパ球の働きを弱めるサイトカイン
(生理活性物質)を出すことだ。サイトカインは細胞外産生
して別の細胞に働きかける物質のことで、たとえばヘルパー
T細胞は、異物を攻撃するB細胞の働きを強めるためにサイ
トカインを出す。がん細胞が出すのは、逆にリンパ球が働け
ないようにする、いわば毒のサイトカインだ。

 

さらに、がん細胞は、免疫を抑えるリンパ球を集め、自らを
守る手立ても心得ている。リンパ球は通常、異物を攻撃する
のが仕事だが、勢力があまりに強すぎると、自己を攻撃する
など不都合もある。(P.153)

 

 

つまり、がん細胞は“賢い”ということです。
がんについて、国立がんセンターの高上部長は次のように
説明しています。

 

がんは、レーダーに映らないステルス爆撃機の
ように、身を隠すステルス機構を幾重にも持っている。このため、
免疫療法によるリンパ球の攻撃をすり抜けることができる。

 

(P.153)

 

 

がんの早期発見のためにがん検診が薦められていますが、
有効性はあるのか、という問題です。

 

「早期発見がそのまま完治には役立っていることを意味しない」
(P.166)のです。

 

 

「どのような治療を駆使しても、がんの半数は治すことができ
ない」(P.192)のであれば、痛みなどの苦痛を和らげる「緩和ケア」
を重視した方がいい、というのが著者の主張です。

 

 

さらに、がんで死ぬことは悪いことなのか、と読者に問いかけて
います。

 

その理由は以下のとおりです。

 

がんは心臓病のように突然の死に至る病気ではない。仕事などで
やり残したことを完成させたり、整理したりでき、家族らと
ゆっくり過ごすこともできる。本人も周囲の人も、心の準備を
する時間を持てる。

 

脳卒中や心臓病、アルツハイマー病より、がんのほうが最後の
迎え方としてはよいと考えることもできる。

 

どんな病気であれ、若い世代での死は周囲の悲嘆も大きいが、
ある程度の年齢になれば、がんは悪い死に方ではない。

 

(PP.204-206)

 

 

この本を読んで、いろいろなことを考えさせられました。
今まで、ガンで死ぬのは嫌なことだ、と思っていました。

 

ガンにならないことばかり考えて、食事に気をつけたり、
ストレスを溜め込まないことに注力してきました。

 

でも、ガンで死ぬことは悪いことばかりではないな、と
いうのが現在の率直な感想です。

 

 

この本が出版されたのは、2008年4月20日です。
その後のガン治療の最前線は大きく変貌しているかも
しれません。

 

 

今後もガン治療について追究していきます。

 

 

 

 

 

広告