医療について考える

あなたを救う病院 (3) 日経ビジネスの特集記事(2013.4.1)から

広告

 

 

日経ビジネス(2013.4.1号)の特集に
タイムリーな記事が掲載されました。

 

医師1200人、管理職7200人が選ぶあなたを救う病院

 


前回は、総合ランキングベスト3をご紹介しました。

 

 

今回は、悪性脳腫瘍(グリオーマ)が見つかったIT(情報技術)
企業社長が、主治医との信頼関係により病魔と闘う姿を
ご紹介します(肩書は当時)。

 

 

悪性脳腫瘍にはⅠからⅣまでのグレードがあるそうです。
数値が増えるに従って重篤になります。

 

 


IT企業オーシャンブリッジの高山知朗(のりあき)社長は2年前、
40歳の時に悪性脳腫瘍(グリオーマ)が見つかったそうです。

 

 

高山社長は2番目に悪性度が高いグレードⅢでした、

 

 


手術を受けた東京女子医科大学病院はグレードⅢの
5年間の生存率は約70%という高い実績を持っています。

 

 

Ⅳなら約19%です。

 

 

一般的にはグレードⅢの5年間の生存率は25%、Ⅳなら7%しか
生きられない、とされていますから東京女子医科大学病院の
数値はかなり高いと言えます。

 

 

高山社長はこう話しています。

 

「たとえ1%しか生きられる可能性がないとしても、その1%に
入るために最善の努力をする。僕には家族がいます。

 

最愛の娘は当時まだ1歳。少なくとも彼女の20歳の誕生日に
妻とともに乾杯したい。僕の人生の目標が定まりました。

 

今は昔のような仕事中心の生活さえしなければ、生きられる
自信があります。幸い会社は好調ですが、重責を全うできない
と判断したら、その時は自分の命を優先します」。

 

 

現在、高山社長は普段から日々の出来事を自身のブログに
書き込んでいます。

 

 

オーシャンブリッジ 高山のブログ

 

 

このブログについて、主治医の村垣善浩医師は次のように
話しています。

 

 

「患者さんが、高山さんのブログを見て予習してから来院して
くれるおかげで、本質的な話に時間を使えるようになる」。

 

 

 

 

最後に、2つの大きな問題点についてご紹介します。
第1は、若手医師を中心に、深刻な外科離れが起きている
ことです。

 

 

<厚生労働省が2年ごとに調査している「医師・歯科医師・
薬剤師調査の概況」によれば、1998年に2万8871人だった
外科医師の数は、2010年には2万7820人に減った>

 

 

なぜ、外科医が減っているのでしょうか?
その原因は、外科医の労働環境にあります。

 

 

東京都内の大病院に勤める30代の外科医は次のように
吐露しています。

 

「本当に忙しい。24時間365日生きた心地がせず、
ホッと休めない」

 

 

これでは医者の不養生で、医者自身が病気にかかって
しまいかねません。

 

 

 

もう1つの問題は、病院数が減っているため、「手術難民」
問題を避けて通れなくなることです。

 

 

手術が必要な患者が病院をたらい回しにされ、
手術を受けられなくなる事態に陥るということです。

 

 

<日本国内の病院数は91年に1万を超えていたが、
現在は約8500に減少した。2020年にはさらに1000カ所減る
との見方もある。

 

そうした中で、日本は「手術難民」時代への突入を回避
できるのか。

 

医療制度改革はいよいよ待ったなしの状況だ>

 

 

 

結論は次のようになるでしょう。

 

<患者にとっては、自分を救ってくれる病院をあらかじめ
探しておくことが欠かせない時代になった。

 

だが、最大の自衛手段は医療の方向性について、
主体性を持って議論に参加することだ。

 

「あなたを救う病院」は、待っているだけではやってこない>

 

 

 

 

広告