医療について考える

男性と女性の違いは?(1)

広告

 

 

男性と女性の違いは?

 

 

 
男性と女性の違いは、身体的な違いだけではなく脳に
違いがあることはよく知られています。

 

 

具体的には、右脳と左脳をつなぐ脳梁(のうりょう)という
ブリッジが女性のほうが太くて大きいという事実です。

 

 

これはどういう意味かといえば、右脳と左脳の間で情報が
スムーズに行き交うということです。

 

 

情報量が豊富なため女性は小さい時から話すことが
得意です。口が達者ということですね。

 

 

男性は脳梁が狭いですから、女性と比べ、右脳と左脳の
間での情報伝達はあまりスムーズにはいきません。

 

 

その欠点を空間認知能で補っている、と考えられています。

 

 

私は男性です。小さい頃を振り返ってみますと言葉は達者
ではありませんでした。

 

 

 「何で女の子はあんなに早口で話せるのだろう?」と疑問に
思ったことが何度もありました。

 

 

とても太刀打ち出来ないな、と当時は諦めていました。

 

 

今は、そうした医学的な知識を得たことによって、納得して
います。

 

 

 

健康に関するテレビ番組に出演している、心療内科医で
医学博士の姫野友美さんは、『成功する人は缶コーヒーを
飲まない』の中で、脳から見た女性の特徴は大きく分けると
3つある、と指摘しています。

 

 

  1. 女は褒められることに飢えている
  2. 女は感情を増幅しやすい
  3. 女は横のつながりを大事にする

 

 

 

 

1 女は褒められることに飢えている

 

女性は他人から褒められると、脳内で快感物質ドーパミン
が出やすいそうです。

 

 

 

2 女は感情を増幅しやすい

 

女性の右脳と左脳をつなぐ前交連という連絡通路は
男性より太い。前交連は喜怒哀楽の感情を流す通路で、
太いということはそれだけ多くの感情が流れるという
ことになる。そのため、女性は感情的になりやすく、
ネガティブな感情が増幅しやすいことになる。

 

 

 

3 女は横のつながりを大事にする

 

女性は「共感脳」という思考パターンがあり、
集団の中で和を尊ぶ傾向が強く、横のつながりを
大事にする。

 

 

このような男女の脳の違いを認識し、
協力しあっていけば、社会も会社も家庭も、平和に
過ごすことができるかもしれません。

 

 

 

広告